No. BSL1218-001
CountryDenmark
ManufacturerLe Klint
Type101B
DesignKaare Klint
SizeW340 H440(1780) mm
Price42,000円(税込45,360円)


※ご購入前にガイドをご確認下さい。


購入する お問い合わせ
こちらの商品はヴィンテージ品ではなく現行品のペンダントランプとなります。

1942年コーア・クリントのデザインによるLe Klint製ペンダントランプ「101」。

別名フルーツランタンとも呼ばれる「101」は一枚のプラスティックシートを女性職人による緻密なハンドワークにより一点一点生み出されています。直線の折りで曲線を生み出すという複雑なつくりは見るものを魅了します。あかりを灯していない時は自然光がその一つ一つの折りに優しい陰影を与えフォルムを際立たせてくれます。辺りが暗くなるころあかりを灯すと日中とは違った表情を見せてくれます。丸いフォルムから全方向に柔らかなあかりを届けてくれるので、ダイニングシーンの実用的な使い方からからソファサイド、寝室など間接照明として空間演出にもご活用いただけます。

電球は口金E26 LED電球100W相当をご使用ください。(101Bの場合)
※電球は付属しておりません。

サイズは下記よりお選びください。
・101A : W270 H360(1773) mm 60W相当 38,000円(税別)
・101B : W340 H440(1780) mm 100W相当 42,000円(税別) (掲載品)
・101C : W420 H540(1786) mm 100W相当 45,000円(税別)




Le Klint | レ・クリント

20世紀初め、デンマークの建築家P.V.イェンセン・クリントは日本の折り紙をヒントにオイルランプあかりを調節するためのシェードを生み出しました。クリント家の趣味の延長として作られたあかりを普及させるために息子のターエ・クリントが1943年にレ・クリント社を設立。デンマーク家具デザインの父と呼ばれ、著名デザイナーにも影響を与えたコーア・クリント(ターエの兄弟)と共に、レ・クリントは世界的ブランドまで成長、兄弟で数々の名作を残しています。